脂肪燃焼スープがトレンド

脂肪燃焼スープがトレンド※本当に痩せるのか?

今流行りの脂肪燃焼スープ効果が凄い!

 

様々な減量にチャレンジしたものの幾度なく失敗を繰り返している人が多いなか、期待できるダイエット方法の一つとして今話題ともなっているのが脂肪燃焼スープでもあるようです。そして体験談や2chなどの噂、口コミ評判では多数の効果が寄せられており大反響でもあるようです。さてどんなもの?自分で作れる?お金はかかる?まだ取り入れていない人には疑問の多い方法でもあるのではないでしょうか。

 

脂肪燃焼スープダイエットとは?

 

元々は心臓病の外科手術を行う際の入院患者に出された食事として減量効果があるとされ、ダイエット法として取り入れる人が増えてきていることで認知度も高くなったようです。1週間、レシピの通りにルールを守って野菜スープを食べ続けるだけで5Kg~8kg痩せることも可能で、平均にしても3~5kgは減量できるとされているようです。

 

運動するのが嫌いで長続きしない方や空腹が我慢できないという人、早くに効果を実感したい!料理が苦手だという人などにはおすすめのダイエット法でもあるようです。

 

脂肪燃焼スープのレシピ

 

玉ねぎ中 3個
ピーマン 1~2個
ニンジン 1本
キャベツ 半玉
セロリ 1本
ホールトマト 1缶
チキンスープ又はコンソメスープの素
塩、コショウ 少々

 

野菜は適当に食べやすい大きさにカットし、鍋に入れ野菜がつかるまでに水をいれ柔らかくなるまで煮込みます。最後に味を調えて出来上がりとなります。料理が得意でない人も簡単にできちゃうのがポイントでもあります!

 

効果を確実にしたいならルールは徹底して守ろう!

 

7日間の食事の仕方(スープは毎日摂取するものとします)
1日目 バナナ以外の果物
2日目 野菜(油を使わないもので生野菜かおしたし)
3日目 2日目と同様の野菜と果物
4日目 バナナ3本とスキムミルク(500ml) 4日目になると炭水化物、たんぱく質、カルシウムが必要となるため摂取します。
5日目 肉(350g~700g)は赤身の牛肉か鶏肉、魚でもOK!他にトマト3個以上は食べる
6日目 牛肉と野菜
7日目 玄米と甘味料の入らない100%ジュースに野菜

 

スープダイエットの規則

  1. アルコールは燃焼の邪魔をするのでお酒は禁止です。1週間はがまんしましょう。
  2. 飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース、無脂肪スキムミルクのみ
  3. 炭酸飲料は飲まない
  4. 揚げ物、パン、小麦粉を使った食品、砂糖、甘味料はとらない
  5. 肉を摂取するときは魚に代用してもよい。そして茹でたり焼いた皮を取り除いた鶏肉でも良い。

この7日間でのダイエットでは体の不純物を除去する効果があり、腸内環境を整え便通もよくなることが実証されているようです。取り入れた摂取カロリーよりも多くのカロリーを燃焼させることで減量することができ痩せることが期待できるとなっているようです。

 

もっと体重を減らしたいと考えている人は2日間普通食をしてから2回目へと再開することも可能となっており、更に健康的に痩せることが期待できるようです。そのためには上記に記した食事の仕方と決められたルールを守ることが成功の秘訣でもあり失敗しないための大事なことでもあります。

 

脂肪燃焼スープは誰でも簡単に調理することもでき費用もたいしてかかることでもなく身体の内側からキレイにしてくれるため、まだ取り入れていない人にはおすすめのダイエット法でもあり効果が期待できるものとなっています。