楽してウエストを細くする効率的な体操とは

楽してウエストを細くする効率的な体操とは?やり方はコレ

近年では多くの女性がスリムになりたいと思いダイエットに取り組む姿も見られます。そして一番気になるのがポッコリお腹や腰回りのくびれがなくなってしまったという方でもあり、特に年齢を重ねていくごとに増えていくようです。代謝の低下や運動不足により肥満となる人も多く、どうにかして解消したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

楽してウエストが細くなる方法があれば試してみたいと考えるのは誰もが望んでいることでもあるようです。そしてそれがジムに通うことなく食事制限をすることなく効率的な体操によってウエストを引き締めることができればと願うばかりでもあるようです。ここでは実際に体験した人の口コミ評判を交え徹底調査し効果が期待できる体操を紹介したいと思います。
呼吸腹筋トレーニング

  1. 仰向けに寝て腰に手を入れ、腰と床の間に隙間をつくります。隙間ができたら腰から手を引き抜きましょう。
  2. へその下に両手を置き、軽くお腹に力を入れます。息をゆっくり吐きながら下腹を優しく押しましょう。
  3. お腹をへっ込ませたまま息を吸い次に息を吐きつつお腹をゆっくりと膨らませましょう。これを1分間で2回繰り返し行います。

歩きながら腹筋
通勤途中でも買い物のときでもお腹をへっ込ませることを意識することで腹横筋を効果的に刺激しすることができるとしています。背筋を伸ばし息を止めずに30秒間お腹をへっ込ませるのがポイントとなっており、そうすることで普段使われていない筋肉を使うことで引き締め効果が期待できるようです。
寝ながらできる腹筋体操

  1. 寝そべった状態で両足の膝をまげ、くの字にします。
  2. 両ひざをくっつけたまま、あしを宙に10cmほど浮かし10~20秒ほどキープして、3回ほどやります。
  3. 次は足の膝を直角にしては下におろす(最後まで下さず、途中で止める)といった動さとなりますが、その時は呼吸をしながら筋肉を意識し行います。

エアフラフープで脂肪燃焼!
フラフープを使ってのダイエットも注目されている中、お腹周りのぜい肉を燃焼することも期待できるとしていますが、わざわざ用意することなく夕飯の支度での合間にエアフラフープを行うことでウエストが細くなることも可能となります。

 

道具を使わなくてもあるつもりで腰を回すことでも効果があるとされています。魚を焼いている間や煮物を煮ている間、スパゲティを茹でているときなどに効率よく時間を使い楽にウエストを細くすることもできるようです。
エア自転車トレーニング
仰向けに寝て頭と両足を上げ下腹を意識しながら空中で自転車をこぐように、足を30秒間回転させます。これを2~3セットおこないましょう。固い床の上だとお尻、尾てい骨が痛くなることもありますので布団の上かマットレスの上で行いましょう。

 

腕振りトレーニング

  1. 背筋をピンと伸ばし目線はまっすぐ前を見て立ちます
  2. 両肘を90度に曲げて左足をうしろへ下げます。左のかかとは浮かないように気を付けることがポイントです
  3. ひじは90度のままで腕を思いっきり振ります。1分間振ったら今度は右足を下げて同じように腕を振りましょう。

 

様々な方法がありそれは時間もお金もかけずにできる楽してのウエストの引き締め体操は、いずれかの組み合わせやできる範囲で行うことで少しづつ効果が表れることが期待できるようです。寝る前の少しの時間や空いている時間をつかって効率よくできますので好評でもあり、取り入れている人も多く見られるようです。